バストサイズの急激な変化

バストサイズの急激な変化

胸が垂れてしまう原因はいくつかありますが、そのひとつがバストサイズの急激な変化だと言われています。
バストサイズが短期間で変化してしまうと、胸の脂肪や乳腺を支える働きをもつクーパー靱帯がと皮膚が伸びてしまいます。
妊娠すると女性の多くはバストサイズが変化しますが、出産後に胸が垂れたようになってしまうのはこれが原因です。
妊娠や出産に限らず、急激な体重の増減によるバストサイズの変化も、胸が垂れる原因になります。

妊娠、出産によって胸が垂れるのを防ぐためには、授乳中から注意しておくことが大切です。
胸が垂れるのを防ぐには、なによりもクーパー靱帯を伸びないようにすることが重要なので、バストサイズに合ったブラジャーを身につけて垂れるのを予防するようにしましょう。
特に授乳中に正しくブラジャーを身につけることで、クーパー靱帯へかかる負担はかなり少なくすることができると言われています。

妊娠中や出産後はバストサイズが急激に変化しますが、新しいブラジャーを買わずに今までのもので済ましている人は少なからずいるようです。
しかし、胸にしっかりフィットしていないブラジャーを着用し続けることは、クーパー靱帯を傷めることにつながるので要注意です。
ブラジャーはクーパー靱帯をサポートして胸を支える役目を担います。
バストをしっかり包み込むようなものでなければ、その効果は軽減してしまうので、自分に合ったブラジャーを身につけることは大切だと言えるのです。

授乳のときに取り外すからと言って、ブラジャーを身につけないという人は意外と多いようです。
また、赤ちゃんと2人で家にこもっている時間が多いため、どうせ誰にも会わないからとノーブラで過ごす人も少なくありません。
しかし、こういったことは胸が垂れる原因になり得るので、避けるようにしましょう。
授乳用のブラジャーや、ノンワイヤーのブラジャーを身につけるなどして、気持ちよく過ごせるように工夫することが大切です。

スポンサーリンク

バストサイズの急激な変化 関連ページ

クーパー靭帯が伸びる
クーパー靱帯は、胸を構成する乳腺や脂肪を支える働きをする、コラーゲン繊維の束のことを言います。 クーパー靱帯は […]
ホルモンバランスの変化
エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは、女性らしい丸みを帯びた体型づくりに強い影響を与えています。 […]
姿勢の悪さ
背中が曲がった、いわゆる猫背はさまざまな弊害を体にもたらすと言われています。 猫背は頭を支える肩の筋肉に緊張状 […]
NGな下着のつけ方
間違ったサイズのブラジャーをつけつと、胸の垂れる原因となります。 バストサイズを定期的に測定し、胸にフィットす […]

トラックバックURL

https://ikunyu.e-kaiketsu.info/tareru-genin/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%81%ae%e6%80%a5%e6%bf%80%e3%81%aa%e5%a4%89%e5%8c%96/trackback/