レッドクローバー

レッドクローバー

レッドクローバーは、西アジア、北西アフリカ、ヨーロッパなどで生まれたハーブのひとつです。
マメ科シャジクソウ属の植物で、別名ムラサキツメクとも言います。
高さ30~60cmほどの植物で、茎の先端に小さな花をつけ、それが赤紫色をしていることから、この名がついたと言われています。

レットクローバーに多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに近い働きをします。
エストロゲンはバストアップはもちろん、女性らしい丸みを帯びた体型作りにも必要不可欠な女性ホルモンです。
しかし加齢などの影響でエストロゲンの分泌量が少なくなると、バストは大きくなりにくくなったり、いろいろな不快症状があらわれたりしやすくなります。
レッドクローバーに含まれるイソフラボンは、エストロゲンの働きを補うとともに、過剰分泌された場合はその量を調整する働きをします。
そのため、バストアップだけでなく、女性にとってうれしい働きをしてくれる成分と言えるのです。
また、レッドクローバーは鎮静作用や抗炎症作用に優れているとも言われ、風邪予防にも効果的だと言われています。

レッドクローバーは通常はサプリメントなどで摂取しますが、女性ホルモンにさようするため、妊娠中や授乳中は特に気をつける必要があります。
摂りすぎると体によくない影響が及ぼされることがあるので、用法や用量を守って取り入れるようにしましょう。
また、抗がん剤やホルモン剤など、なんらかの婦人科系疾患の医薬品を服用する場合も同様に注意が必要です。
必ず医師に相談して、問題がないか確かめるようにしましょう。

レッドクローバーはサプリメントのほか、ハーブティーでも用いられることが多いようです。
のどのコンディションを整えたり、痰や咳を改善したりする働きがあると言われているので、気になる症状があるときなど取り入れるといいでしょう。
ほかのハーブと組み合わせて、オリジナルのハーブティーをつくって飲むのもおすすめです。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → レッドクローバー

スポンサーリンク

レッドクローバー 関連ページ

フェヌグリーク(コロハ)
フェヌグリーク(コロハ)はマメ科の一年草で、地中海西部の沿岸地域で生まれた植物だと言われています。 非常に古く […]
プエラリア・ミリフィカ(ガオクルア)
プエラリア・ミリフィカはタイやミャンマーの北部で見られるマメ科クズ属の植物のことを言います。 タイではシロガオ […]
フェンネル
フェンネルはハーブのひとつで、セリ科ウイキョウ属の多年草のことを言います。 地中海沿岸から西アジアにかけて見ら […]
ブラックコホシュ
ブラックコホシュはサラシナショウマ属キンポウゲ科の植物で、北アメリカの林地を中心に生息しています。 ギザギザと […]
マカ
日本でもよく知られるようになったマカは、南米ペルーのアンデス山脈の山地に自生する植物です。 アンデス山脈の標高 […]
チェストツリー
チェストツリーの果実はチェストベリーとも呼ばれ、ハーブとして用いられたり、見た目が近いことからコショウの代用と […]

トラックバックURL

http://ikunyu.e-kaiketsu.info/kenko-syokuhin/%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc/trackback/