プエラリア・ミリフィカ(ガオクルア)

プエラリア・ミリフィカ(ガオクルア)

プエラリア・ミリフィカはタイやミャンマーの北部で見られるマメ科クズ属の植物のことを言います。
タイではシロガオクルアとも呼ばれています。
プエラリア・ミリフィカは、日本ではなじみが深い葛の近縁種でもあります。

プエラリア・ミリフィカは、根っこが大きめの塊状になるのが特徴的で、この根っこの部分が若返りに効果があるとして利用されてきました。
また、タイの伝統医療ではハーブと組み合わせて、更年期女性に向けた強壮剤として用いられています。
最近は美肌やバストアップの効果も高いと言われ、サプリメントなどにも用いられています。

プエラリア・ミリフィカには女性ホルモンに近い働きをもつ植物エストロゲン、イソフラボン類が含まれます。
イソフラボン類は日本では大豆イソフラボンがよく知られていますが、これはダイゼインやゲニステインの2つで構成されています。
一方のプエラリア・ミリフィカは、9種類ものイソフラボン類が含まれることが判明しています。

女性ホルモンはバストの成長を促す働きをもちますが、これに近い働きをもつプエラリア・ミリフィカもバストアップへの効果が期待できると言われています。
また、女性ホルモンは女性らしい体型の維持に深く関わる要素です。
プエラリア・ミリフィカは女性ホルモンのような働きをするため、体型維持や美容にも優れた効果が期待されます。
更年期障害の緩和にも効果的だと言われており、女性の美容や健康に大切な役割を果たす栄養素と言えるのです。

プエラリア・ミリフィカはサプリメントなどで成分を摂取するのが一般的ですが、重篤な健康被害や副作用は現時点ではないと言われています。
しかし、女性ホルモンに似た作用をもたらすため、体調になんらかの変化が起こる可能性はあります。
用量や用法をしっかり守って、体調に注意を向けながら服用することが大切です。
特に、妊娠中や授乳中は体がデリケートな状態となるので、飲み過ぎは避けるべきでしょう。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → プエラリア・ミリフィカ

スポンサーリンク

プエラリア・ミリフィカ(ガオクルア) 関連ページ

フェヌグリーク(コロハ)
フェヌグリーク(コロハ)はマメ科の一年草で、地中海西部の沿岸地域で生まれた植物だと言われています。 非常に古く […]
フェンネル
フェンネルはハーブのひとつで、セリ科ウイキョウ属の多年草のことを言います。 地中海沿岸から西アジアにかけて見ら […]
ブラックコホシュ
ブラックコホシュはサラシナショウマ属キンポウゲ科の植物で、北アメリカの林地を中心に生息しています。 ギザギザと […]
マカ
日本でもよく知られるようになったマカは、南米ペルーのアンデス山脈の山地に自生する植物です。 アンデス山脈の標高 […]
レッドクローバー
レッドクローバーは、西アジア、北西アフリカ、ヨーロッパなどで生まれたハーブのひとつです。 マメ科シャジクソウ属 […]
チェストツリー
チェストツリーの果実はチェストベリーとも呼ばれ、ハーブとして用いられたり、見た目が近いことからコショウの代用と […]

トラックバックURL

https://ikunyu.e-kaiketsu.info/kenko-syokuhin/%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ab%ef%bc%88%e3%82%ac%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%a2%ef%bc%89/trackback/