摂取する女性ホルモンの選び方

摂取する女性ホルモンの選び方

バストを大きくする作用をもつのが、エストロゲンという女性ホルモンです。
エストロゲンはバストを構成する乳腺に働きかけ、発達させていきます。
10~20代はエストロゲンを中心とした女性ホルモンが活発に分泌するため、胸が大きく成長していく時期だと言われています。

エストロゲンの分泌量は一定ではなく、30~40代にかけて減少していきます。
そのため、年齢を重ねていくにつれてバストは変化しづらくなるため、バストアップの効果がでにくくなります。
しかし、逆に言えば女性ホルモンが十分に分泌されれば、年齢を重ねてもバストの成長を見込めるということです。

女性ホルモンを体外から摂取する方法は、いくつかあります。
注射をすることで女性ホルモンが補われ、バストアップや更年期障害の緩和、生理不順の改善などの効果が期待できます。
女性ホルモンは骨を強化する働きもあるため、骨粗しょう症予防、動脈硬化や高脂血症の改善などの効果も見込めます。
ただし、副作用が起こる危険性はあるので、十分に考慮する必要があります。

薬剤で女性ホルモンを補うという方法もあります。
薬剤はエストロゲンからプロゲステロンへと、生理周期に合わせて摂取する女性ホルモンを切り替えることができるため、長期的な効果を得やすいと言われています。
しかし、胃や肝臓への負担などもあるので、そういったリスクも頭に入れておく必要があります。

副作用のリスクなどを回避したい場合は、バストアップサプリを試してみるといいかもしれません。
バストアップサプリはたくさんの種類がありますが、特に注目したい成分がプエラリア・ミリフィカです。
この成分は、豆の一種で主に食物繊維やショ糖で構成されています。
女性ホルモンに近い働きをもつ植物エストロゲン・イソフラボンが豊富に含まれており、その量は大豆の数十倍とも言われています。
ほかにもバストアップに効果がある成分はあるので、十分に成分や内容量を把握したうえで品質のいいものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

摂取する女性ホルモンの選び方 関連ページ

女性ホルモンを摂取する際の注意点
女性ホルモンを摂取する際の注意点 女性ホルモンは大きくエストロゲンとプロゲステロンの2つに分けられ、女性はこの […]
女性ホルモンとバストアップの関係性
女性のバストは、主に脂肪や乳腺といった組織によって構成されています。 脂肪はバストの多くを占める要素ですが、バ […]
女性ホルモン摂取の副作
女性ホルモンが不足すると、バストアップの効果が出にくくなるばかりか、さまざまな不調が体にもたらせられることがあ […]

トラックバックURL

http://ikunyu.e-kaiketsu.info/hormone/%e6%91%82%e5%8f%96%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9/trackback/