女性ホルモンとバストアップの関係性

女性ホルモンとバストアップの関係性

女性のバストは、主に脂肪や乳腺といった組織によって構成されています。
脂肪はバストの多くを占める要素ですが、バストのサイズを決めるのは乳腺組織だと言われています。
食事などによって体の脂肪を増やすことで、バストを大きくすることは可能です。
しかし、それは脂肪の膨張による一時的なもので、根本的にバストアップをするには乳腺を発達させる必要があるのです。
乳腺を発達させるとそれを保護するための脂肪も自然についてくるので、無理なくバストを大きくすることができます。
つまり、バストアップの鍵は乳腺組織にあると言えるのです。

この乳腺組織の発達に欠かせないと言われているのが、女性ホルモンです。
女性ホルモンの分泌を活性化させることで、乳腺組織を発達させることができます。

女性ホルモンであるエストロゲンは、別名卵胞ホルモンとも呼ばれています。
エストロゲンは月経や妊娠・出産とも関わりが深く、女性にはなくてはならないホルモンと言えます。
このエストロゲンの分泌が活性化されると、乳腺が発達して胸が大きくなりやすくなります。
また、エストロゲンは女性らしさを保つ働きをもつため、きめ細やかな肌の維持や丸みを帯びた体型の維持には欠かせません。

エストロゲンは、体内の血流を正常に保つ作用もあるため、女性の健康にとっても大切な意味をもちます。
体内に取り入れられた栄養素や酸素は、血液に乗って体のあらゆる器官や部位に届けられます。
それによって各器官は、正常な働きを保つことができます。
これはバストも例外ではなく、血行がよくなることで十分な栄養素がバストに供給されます。
そうするとバストアップにもつながりやすく、さまざまなケアの効果もあらわれやすくなるのです。

エストロゲンを中心とした女性ホルモンを正常に分泌させるには、バランスのとれた食生活や規則正しい生活を送る必要があると言われています。
バストアップを目指す人、美容への意識が高い人は、まずは生活習慣の見直しをしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

女性ホルモンとバストアップの関係性 関連ページ

摂取する女性ホルモンの選び方
バストを大きくする作用をもつのが、エストロゲンという女性ホルモンです。 エストロゲンはバストを構成する乳腺に働 […]
女性ホルモンを摂取する際の注意点
女性ホルモンを摂取する際の注意点 女性ホルモンは大きくエストロゲンとプロゲステロンの2つに分けられ、女性はこの […]
女性ホルモン摂取の副作
女性ホルモンが不足すると、バストアップの効果が出にくくなるばかりか、さまざまな不調が体にもたらせられることがあ […]

トラックバックURL

http://ikunyu.e-kaiketsu.info/hormone/%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%e6%80%a7/trackback/