ビタミンE

ビタミンE

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類、うなぎやたらこなどの魚介類、西洋カボチャ、アボカド、植物油などに多く含まれる栄養素です。
この栄養素は油脂に溶ける、脂溶性ビタミンのひとつに分類されます。
脂溶性ビタミンは油との相性がいいため、調理しやすいというのもうれしい点だと言えるでしょう。

ビタミンEはすぐれた抗酸化作用をもち、体内の脂質が酸化するのを阻止して、体を守る働きがあります。
そのため、血液中のLDLコレステロールの酸化によって起こる動脈硬化、体の細胞膜の酸化による老化などを予防する効果が期待されています。

また、ビタミンEには乱れがちなホルモンバランスを正常な状態に整える作用があります。
人間の体は小さな細胞がひとつひとつ集合して、構成されています。
それぞれの細胞には脂質でできた膜があり、この膜を介して細胞にはホルモン情報が伝達されたり、栄養が供給されたりしています。
この細胞膜が不安定な状態だと、栄養素の供給は滞りやすくなりますし、ホルモンの伝達もうまくされなくなります。
ビタミンEはこの細胞膜に働きかけて、細胞の酸化を阻止します。
そして、細胞膜を保護するよう働きかけてくれるのです。
ホルモンバランスを整えることはバストアップには欠かせない要素なので、ビタミンEを積極的に取り入れるようにしましょう。

より抗酸化作用を高めたいのなら、ビタミンEを単独で摂取するよりもビタミンCやβーカロテンなどと一緒に摂取することをおすすめします。
それぞれ抗酸化作用の強い栄養素なので、一緒に摂ることでより高い効果が期待できるのです。
ビタミンが多く含まれる緑黄色野菜を植物油で炒めるなど、調理法を工夫して無理なく摂取するようにしましょう。

ビタミンEが十分に摂れていないと、細胞膜の脂質が酸化しやすくなって、神経症状や感覚障害が起こることがあります。
しかし、サプリメントなどの用量を守らないで過剰摂取すると、出血傾向が強まるといった弊害が起こる恐れがあります。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → ビタミンE

スポンサーリンク

ビタミンE 関連ページ

ビタミンA
ビタミンAはβーカロテンとレチノールの2つに分類されます。 βーカロテンは緑黄色野菜など植物性食品に多く見られ […]
ビタミンB群
ビタミンB群はB1・B2・ナイアシン(B3)・パントテン酸(B5)・B6・ビオチン(B7)・葉酸(B9)・B1 […]
ビタミンC
ビタミンCはわたしたちにとって身近な栄養素のひとつで、さまざまな食材に含まれています。 ビタミンCは抗酸化作用 […]
ミネラル
ミネラルとは、地球上で見られる元素のなかで、酸素やチッ素、炭素、水素を除外したものの総称です。 100種類ほど […]
タンパク質
三大栄養素のひとつに数えられるタンパク質は、人間が生きていくうえで欠かせない栄養素だと言われています。 タンパ […]

トラックバックURL

https://ikunyu.e-kaiketsu.info/eiyouso/%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3e/trackback/